ここでは為替相場の基本的事柄に関してのお話です。

為替市場とは「目の前でキャッシュの送金をしなくてもお金の受け渡しの目標を為す取引」です。

概ね為替相場というと主に国際の為替のことを言い表すという人が一般的です。

国際為替を簡潔にいうと国同士の通貨のやり取りを示します。

他の国へ旅行(シンガポール、台湾、マレーシア、アメリカ)など以前にしていれば、みなさん外国為替の取引をしたことがあるでしょう。

どこかの銀行に行って他の国のお金へ取り替えすれば、それはまさに外国の為替なのです。

為替の市場というのは、買いたいと思う人と売りたいと思っている人の値を言ったものです。

銀行の取引によって決まってくるものです。

その銀行はマーケットメイカーと言われている世界中で指定されたいくつかの銀行です。

為替の相場は周囲の影響を受けながらも休まずにみるみる変動します。

為替レートを変動させて行く要素として、ファンダメンタルズというものが挙げられます。

ファンダメンタルズの意味は経済状況、経済の土台とか様々な条件のことを指すものです。

国における経済成長率や物価指数、金融政策、経常収支、失業者の割合、重要人物の一言などいくつかのものが関わって為替の相場は変動して行きます。

この中でも経常収支や失業者の割合は影響が大きいと思われます。

経常収支は、日本でいえば財務省よりの指図で日銀が貿易統計を土台として作成した国外との一定期間の経済上のやり取りを記したものです。

経常収支は中央官庁や中央銀行のホームページ等で見ることができます。

就業者の統計・失業率も重要ポイントとなる場合が多い要因なのです。

特に米国の就職者の統計はポイントとなります。

月に一度公示され、検証の範囲が広い点が特色です。

為替レートの状況は経済自体の推移を指しています。

景気の推移を読むことで為替の変動予測ができると言えるのです。