一般にはクレカの上限がユーザーが普段使用する以上に高く設定していると私たちは問題ないと誤解して、考えることなくクレカを利用してしまったりするようです。

こうしたクレジットカード使用過多を制御するためにカードの限界額を安全のため低めに決めておこう・・・というのがこれから提案する記事のメインとなります。

月の限度額を引き下げる方法◆クレカの月ごとの限度額を減らすにはカードの限度額を引き上げることと同じく、とても単純です。

クレカのバックに載っているサポート番号に電話をかけて「月ごとの限度額をもっと低くしたいです」のように電話に出た人に指示するだけです。

一般的には今の月の限度額に比べて少ない上限であれば面倒な査定なしで容易に限度額のコントロールができてしまいます。

月ごとの限度額を減らすのは自分を守ることへと結びつく■クレカの限度額引き下げは自分をセーブできるという効果だけでなく自分を守ることにもつながります。

仮に、あなたのクレジットカードが誰かの手に渡り偽造されてしまったトラブルでも、日頃からカードの限度額を低めに設定しているならリスクを可能な限り最小限にするように可能なためです。

心配する必要はないけれど想定外にもクレジットカードが乱用されることになった場合でもクレジットカードのユーザーに重大な違反にあたることがない限り、盗難保険等で呼ばれるものが加入者を支えてくれるので余計な心配は必要ないのですけれど、もし被害に遭った時のことを想定して設定が高いならば上限は低くしておくと効果があるでしょう。

使いもしない上限額は良くないことなのです。