実際にコンピュータのディスプレイの前に座って、上がったり下がったりしているレートを見ると、直ちにエントリーをしなくてはいけないという衝動に影響される方も少なくないと思います。リンクス 梅田

しかし、漠然とした思いでエントリーすることだけは、絶対にしてはいけません。グリーンスムージーで美白

分かっていると思いますが、外国為替相場は年中どういう時でもどこかの国で外国為替相場は開かれているし相場も常に変動しています。デスク おしゃれ

そうであっても、頻繁にエントリーを重ねているとそれだけ損をする危険性が上がってしまいます。思春期ニキビケア 石鹸

確かにエントリーの数を経験することによってだんだんと稼げる確率か半々になっていきます。ライスフォース

けれどもこれは「なんとなくアイデアでトレード」とは別の話です。

トレード回数を積む事の意味は自分で「ここはいける」と考え付いた勝機を得た場合の注文回数を積むという事を意味します。

ただ、絶え間なく売り買いを積み重ねるのとは明らかに違います。

相場の戦いに敗北しないためには、自ら意識してメリハリをつけることこそが不可欠です。

「ここで勝負」と思い至ったマーケットの時には、いっそのこと持っているポジションを増やして、覚悟を決めて儲けを求めます。

「ちょっと難しい外国為替相場でどうなるかわからないな」と感じたならば思い切ってポジションをひとつ残さず閉じて何もしません。

それぐらいのけじめがあったほうが、最終的にはエントリーは儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

本当に言葉どおりだと感じます。

相場とはいかなる時でも売買ポジションを持つことが全部ではなく、どれも所有せずじっとしていることも時には、FXです。

それでは、どういう時に休めばいいのでしょうか。

最初に考えられるのが、前述したように、今の相場展開がしっかりと判断できない時です。

これから高くなるのか安くなるのか見通せない時は、ヘタに動くと、自分自身で書いた筋書きとは逆の方向に市場が動いてしまい損してしまいます。

そのため、そうした状況ではポジションを閉じ黙ってみているだけがいいと思います。

次に、己のコンディションが思わしくない時です。

コンディションと相場に関係性はないと考える投資家もいると思いますが実は影響します。

健康状態がよくなければ、マーケットの判断しなければいけない状況で落ち着いた判断を下すことができなくなります。

気分が進まない時は、マーケットから距離を置くことも大事なことだ。