これは一世代前の考え方ですが、軽自動車と言えばちょっぴりダサかったり、お金が無い人が乗る乗り物というイメージがありました。もちろんこれはバブル期の頃の話であり、現在ではそのようなことは一切ありません。それは軽自動車メーカーがかっこよいデザインの軽自動車を開発できるようになったからだと思います。 一世代前なら、軽自動車と言えばお年寄りが好む乗り物というイメージもありました。しかし、現行モデルを見てみると若者が好みそうな、スタイリッシュでかっこよいデザインが多いです。他にも若い女性が好みそうなキュートなデザインのものも増えています。 そのため、現在は軽自動車は若者にも多く乗られています。それから、ここ最近の経済動向などにより、価格帯のお得な軽自動車は再び注目を集めています。そのため、軽自動車は日本国民に愛される、国民者という位置づけにもなりつつあります。 これらのように、軽自動車はかっこいい乗り物と変貌を遂げました。